一番多い年齢は?

薄毛治療の救世主として、薄毛に悩む多くの男性、女性に支持されているのが植毛です。
日本は、世界の中でもストレスが原因の薄毛になる人が多く、男性で最も多いのが男性型脱毛症で、女性で最も多いのが、びまん性脱毛症です。
これまでの薄毛の治療方法は、育毛剤での治療や内服薬での治療がほとんどでしたが、効果が出るまでに時間がかかるため、本当に効果があるのか不安な気持ちを抱えながら治療をする人が多かったのです。しかし、植毛という治療方法が登場したことで、簡単に薄毛を解消することが可能となり、多くのクリニックがメニューに取り入れるようになりました。
現在、植毛をする年齢で多いのが、30代から40代の人です。30代から40代というと、薄毛が気になり始める年齢であり、また、現在の日本では、男性も女性も30代から40代で独身という人が多いので、異性に対して若々しくありたいという気持ちから手術を選択する人も多くなっています。
手術での痛みを心配する人もいますが、痛みはほとんどなく、手術が終わったらすぐに自宅に帰ることができ、普段通りに生活できます。また、自分の髪を使用するので、仕上がりも自然で、手術をしたと気付かれる心配もありません。
手術を行っているクリニックでは、手術前にカウンセリングがあります。手術への不安や不明な点がある場合は、遠慮なく医師に相談して、納得してから手術を受けることが大切です。カウンセリングは無料なので、安心です。

お役立ちリンク

植毛は頭皮に人工の頭髪を植え付けることで頭髪のボリュームを増大させる処置です。かつらと比べて自然な雰囲気を出すことが出来る他、本物の頭髪と同様に洗髪が可能なので清潔に保つことが出来ます。

植毛にかかる費用は?

ストレス社会で働く方、主婦として活躍する方、その負担が頭皮にきている方が多いのではないでしょうか。現在、毛を植える行為を行う方が増えている中で、恥ずかしく毛を植える行為なんてできない、費用だって高いし手が出せない、と思っている方もいるはずです。
植毛にも種類があり、大きく分けて二種類あります。一つ目は人工の毛を植える、人工毛植毛というもので、これは短時間で受けることができ、入院する必要もありません。欲しいところだけに毛を植えることができます。成分はナイロンやアクリルのもので、頭皮に埋め込んでいきます。値段は本数によってかわってきますが、100本を人工的な毛を植えると20000~3、40000円になると思われます。もう一つの方法は自毛植毛です。それは、側頭部や後頭部の部分から毛根を採取し、気になる部分に移植するものです。植えた髪の毛は生え続けるため、面倒くさいメンテナンスも必要ありませんし、仕上がりが自然な仕上がりになります。部位や面積、密度によって値段は異なり、50~200万円近くにもなります。範囲が広く、植える毛が少なければ、再び毛を植えることもしなくてはなりません。当たり前ですが、どちらの方法でも面積が広ければ広いほど、本数が多ければ多いほど値段は高くなります。人によって頭髪のタイプも異なるので、カウンセリングでどいらの方法が合っているのかを決めましょう。毛を植える行為はまだ日本で行っている方は少ないですが、やって良かったと感じる方も多いです。